治療の内容

透析治療の取り組み

患者さんの病態に合わせた適切な治療を提供します

当院では、最新の全⾃動透析機器の導⼊でプライミング・脱⾎・補液・返⾎の⾃動化により、高い安全性が確保されています。

治療に使用する透析液の高度清浄化に取り組み、一定以上の基準をクリアすることで施行可能となる、オンライン血液透析濾過(HDF)や間欠補液血液透析濾過(I-HDF)を行っています。オンラインHDFは、通常の透析(HD)では除去しきれない分子量の大きな尿毒素を除去することが可能となり、皮膚のかゆみや下肢のムズムズ感(レストレスレッグス症候群)、関節痛などの改善効果が期待されます。そして、I-HDFでは、間歇的に少量を補液することで末梢循環障害が改善され、透析中の血圧低下防止に効果があるとされています。このように様々な治療がありますが、患者さんの病態に合わせて、負担の少ない適切な治療を選択し、提供します。

穿刺困難な患者さんの負担の軽減を目指します

穿刺することが難しい穿刺困難な患者さんとって穿刺は大きなストレスです。このような患者さんの負担を軽減するためエコー(超音波診断装置)を用いて血管を画像で確認しながら穿刺を行っています。

大切なシャントを長く保つために

透析患者さんに必要なバスキュラーアクセスのうち、動脈と静脈をつないで作成したシャントは、局所的に狭窄を起こし、閉塞したりすることがあります。大切なシャントを長く保つためには、早期発見が必要です。当院ではシャント閉塞を予防するために、エコー(超音波診断装置)を用いて定期的にシャントの検査を行い、同一法人病院と連携し、早期治療を推進します。

ストレスフリーな環境で患者さんをサポート

安全・安心な透析治療の提供はもちろんのこと、患者さんの生活スタイルを重視したストレスフリーな環境で『エンジョイ透析ライフ』をチームでサポートします。